みんなが笑顔でいるために
杉村 隆行 (すぎむら たかゆき)
株式会社 GOOYA
代表取締役
出身地
東京都
尊敬する人
原丈人
座右の銘
愛と人格
習慣にしていること
釣り、スノーボード
愛読書
『キングダム』『21世紀の国富論』
今までのご経歴など、自己紹介をお願いします。
父親も経営者だったので、いずれ独立することは視野には入れていましたね。

学生時代はイベントサークルの代表をしていて、イベントの運営をしていました。最初は、お金が稼げるからという理由で続けていたイベント運営ですが、これがきっかけで、芸能プロダクションの立ち上げに協力したり、結果的にいろいろなことを経験させてもらいました。

ただ、経営者になるために、雇われて働く経験も必要だとは思っていたので、すぐさま起業をすることはしませんでした。

イベント業は自分がやりたかったことでは無かったため、ファーストキャリアとしては、市場が成長していて比較的起業もしやすいIT業界に飛び込み、ある会社でイーコマース部門の立ち上げ・運営を3年間行いました。

そこでの3年間を経て、起業のための勉強をしようという想いでネット系ベンチャーに転職しました。

そこで様々なことを学び、そして26歳のときに立ち上げたのが株式会社GOOYAです。
事業内容についてお聞かせください。
当社の事業は、Webやアプリの制作・開発・運用・検証、技術者の派遣事業を柱としてやっております。

Webの制作・開発・運用1つを取っても、現状サイトや競合の分析、企画・構成、デザイン、コーディングの全てにおいて安定したクオリティを常に提供していますし、必要に応じてエンジニアを派遣したり、検証業務を担ったりすることで、トータルにクライアントをサポート出来ます。

その点で、大手企業、有名企業を含めた非常に多くのクライアントに長くご利用いただいています。
会社のビジョン、ミッションについてお聞かせください。
「人と世界を笑顔でつなぐ」という想いを会社のビジョンとして掲げています。またその想いは、コーポレートロゴのスマイルマークにも反映されています。



自分たちが楽しくないような仕事なら、存在する意味が無いですし、楽しく働いていれば結果は自然とついてきますからね。

なので、当社の結果を出した社員が「やりたいです」と声をあげたら、新規事業や支社の立ち上げなど様々なことをさせます。失敗したとしても本人の為になると思っているので、別に構いません。現在ある支社も、社員の地元であり、その地域に想いをもって立ち上げたものがほとんどです。

このように経済的合理性よりも、社員一人ひとりの可能性と成長の最大化と、仕事の楽しさを追求していきながら、一人ひとりのことをしっかり守っていくために会社としても拡大してかないといけないとは思っています。
「こんな人と会いたい!採用したい!」の「こんな人」と、その理由をお聞かせください。
事業内容でもお伝えしたように、当社は、1つのことに特化したエッジの利いた会社ではありませんが、総合的にお客様をサポートし、安定したクオリティを安定して提供できる会社です。

このような会社であり続けるためには、やはりチームで良い仕事をする必要がありますし、一人ひとりに組織としての働きを重視してもらうことが必要になります。

そのためやはり、採用したい人も、個としてやりたいことを存分にやるという人よりかは、組織やチームと協調性を持って働ける人です。

「成長したい!」「チームで働きたい!」という方は合っていると思います。

インターンには、ぜひ株式会社GOOYAの仲間として働きたい、幹部を目指したい、という意欲のある方に来ていただきたいです。

学生へのアドバイスをお願いします。
大学生は時間があるんですから、周りより一足先に働くなりインターンするなりで社会を経験したほうがいいんじゃないですかね。

今は売り手市場ってこともあって、全く自分から率先して動かない学生もいますが、後々になって後悔するのは自分なので、そういう人たちとも差をつけて、今のうちからいろんな経験やノウハウは積んだ方がいいと思いますね。

社会に出てからは学歴より実績が大切なので、実績がしっかり評価されるように今下積みを大切にするといいと思います。
株式会社 GOOYA
https://www.gooya.co.jp/
取材日 2018年5月22日