「あったらいいな」を「あってよかったに」
津田 武 (つだ たける)
ニューインデックス株式会社
代表取締役社長
出身地
三重県
尊敬する人
座右の銘
一流の実行力と二流の戦略でいい
習慣にしていること
糖質制限
愛読書
「一倉定の社長学全集」(日本経営合理化協会)
今までのご経歴など、自己紹介をお願いします。
1978年三重県生まれです。法政大学を卒業後、2004年に米国テキサス州にあるUniversity of Dallas にてMBA を修了。帰国後は新日鉄住金ソリューションズ株式会社に入社し、数多くの大型プロジェクトで実績をつくり、新人MVPに選ばれた経験があります。その後独立し、2008年にニューインデックス株式会社を設立。営業の第一線で販路を拡大しています。また、これまでに1,000 万ヒットクラスのウェブサイトを複数立ち上げた経験を持っていまして、知見やノウハウをビジネスにも取り入れています。営業的観点と持ち前のクリエイティブさで、常に新しい仕組みを考案するのが好きです。
事業内容についてお聞かせください。
一言で言うと、ホームページを制作する会社です。 ただ、普通のホームページ制作会社と違うのは、ITの力を使って、世の中の「あったらいいな」を「あってよかった」に変えていくということをモットーにしている点です。 世の中の人が、「このメディアあってホント助かるよね」と思えるようなサイトを考案して、業種業界問わず作っています。



そのうちのひとつをご紹介すると、就活サイトの「ガクセン」。
http://gakusen.jp/

従来は、学生がナビ媒体等で企業の情報を探してエントリーする形が主流でしたが、そのコンセプトを逆転。それも、学生さんであれば誰でも登録できるわけではなく、行動力・意欲・経験や実績をヒアリングして、一定水準を満たした学生さんだけが登録される仕組みです。 学歴が高くても掲載されるわけではありません。逆に無名の大学でも、行動を起こして何かにトライしていたら掲載される、まさに「学歴下克上」の就活サイトなんです。 サイトには、学生さんのプロフィールとインタビュー記事が掲載されていて、「企業自らが自社にマッチした学生を探してアプローチをかける」という逆求人型のスタイルが大きな特徴です。将来の幹部候補生を採用したい企業に、ダイヤモンドの原石となりえる学生さんをアシストしています。
会社のビジョン、ミッションについてお聞かせください。
サイト制作におけるブレない軸は「情報の整理」です。GoogleやYahoo!で検索しても欲しい情報がなかなか手に入らない、こういったところにこそ当社の役目があると考えています。 情報を収集してカテゴライズし、それが正しく検索エンジンにインデックス化されるとユーザーに的確な情報が行き渡るような、まさに検索を助けるようなサイトを構築する。ニューインデックスという社名もそのビジョンから名づけました。
「こんな人と会いたい!採用したい!」の「こんな人」と、その理由をお聞かせください。
こんな人と会いたい&採用したいです。 ・何にでも果敢にチャレンジをし続けられる方 ・好奇心旺盛な方 ・世界を変える仕掛け役に回りたい方 ・大きな会社に入るより、小さな会社を一緒に大きくしたい方 ・明るく爽やかな方
学生へのアドバイスをお願いします。


学生のうちに、何かを始めてみると良いと思います。 学生のうちに何かを実行するということは自分のキャパシティを大きく超えるのですが、そのような自発的な経験は、就活のみならず、将来の自分を支える自信になっていくと思います。 どんな環境・状況下であれ、心に決めて真剣に考えればある程度どんなことだって出来てしまうと思います。 「まだ学生だから」とか「時間がないから」とか決めつけてしまわずに、いろんなことにチャレンジしてみてください。後にきっと「やってよかった!」と言える日がくるでしょう。

カバン持ちのご応募お待ちしております!
ニューインデックス株式会社
http://newindex.co.jp/
取材:2017年3月