目指すは世界征服!
おもしろさを第一に
安田 錦之助 (やすだ きんのすけ)
株式会社イコールワンホールディングス
代表取締役社長
出身地
福岡県福岡市
尊敬する人
赤ちゃん
座右の銘
立志尚特異
習慣にしていること
ランニング
愛読書
キングダム
今までのご経歴など、自己紹介をお願いします。
まず高校生時代の僕といえば、比較的真面目で、ごく普通の少年だったとは思いますが、なぜかしら不可能なんてものは無いと思っていましたね(笑)同時に、僕の家庭は父親も兄も芸能人で、祖父、曽祖父、高祖父・・・と祖先は経営者ばかりだったので、「自分は何をしよう」っていうプレッシャーもありましたね。そんなごく一般的な高校生でしたよ。 そんな状況で、なおかつベンチャーブーム真只中だったので、堀江貴文とか藤田晋とかが良くテレビに出ているのを見て、「俺、経営者になろう」と思ったのが今を創るきっかけにはなっていますね。そこから、まずは東京に出ないと土俵上がれないなと思って、上京して明治大学に入ったんです。 ただ、高校生のときの僕は偏差値が30しかなかったので、周りの先生達からは、僕が有名私大に受かるなんて絶対無理だって言われていたんです。それでも、「なんでこの人達無理って言っているんだろう?」って不思議に思っていたくらい、本当に不可能って無いと思っていました。 実際にその後半年間で明治大学に受かって、「ほら、行けたじゃん」って(笑) その後は、経営者になるべく基礎をとことん学ぼうと野村證券に入社をして、2年目にはプルデンシャル生命で営業マンとして働きました。プルデンシャル生命では、成績優秀者だけが参加できるアメリカでのイベントにも参加をさせてもらっていたのですが、そこでビジネスについても多く学んで、そこで得たヒントを元に起業をしました。
事業内容についてお聞かせください。
分かりやすく言うと、お金解決のプラットフォームです。 IFA事業と呼ばれる保険・証券、不動産、そして職業収入、キャリアに関するお金のこと、これらを全てをカバーすることができる資産運用コンサルティング会社です。例えば、資産運用について相談しようと思って不動産に行っても不動産のことしか教えてもらえない。保険の営業マンに相談しても保険のことしか聞けない。うちはそうではなく、全てをワンストップで出来るんです。 IFA事業では「おかねのビフォーアフター」、不動産では「ドンピシャリビング」、キャリア関連では「ツギナニスル」というブランドがそれぞれあり、メディアも保有しています。 そして、これは絶対に言えるのは、僕らのサービスはおもしろい。なんてったって遊び心に特化しているので。金融業界でも既に無数の企業が乱立している中、ビジネスモデルでの差別化って限界があるんですよね。かと言って人で勝負するのであれば個人事業主と変わらなくなってしまう。 そこで僕らは、おもしろい、わかりやすい、難しいものをもっとおもしろくしていく、というところで差別化を図っています。「ツギナニスル」では、遊び心を突き詰めた結果、Twitterでは10万リツイートを超え、有名人にもツイートされるほどバズってしまいました(笑)
バズったツギナニスルマガジン
→「就活生がベントレーに乗ったチンピラなら社長に圧迫面接を仕掛けることも可能なのか?検証した。」
会社のビジョン、ミッションについてお聞かせください。
それは、世界征服ですね(笑) 真面目な話をすると、僕らのサービスを世界中に届けて、幸せになる人を少しでも多く増やしたい、そういう意味で世界征服をしたいです。 今はお金の問題を解決するというのがメインミッションだけど、お金の概念自体も変わってきていて、お金もデジタルなものになりつつある。ある意味お金がお金じゃなくなってきているっていうのは今肌感覚として感じているんです。そうなったらお金の問題を解決するというよりかは、人間が生きていく上での問題を解決するというふうに軸足を広げてもいいかなと思っています。お金があるから幸せなわけではないと思うし、とてもざっくり言うと「人を幸せにする」ということがその先に目指すものですかね。 今の日本は、明らかに幸福度が低いんです。GDPは世界3位だけど幸福度は59位、このギャップって何なの?そう思いませんか。評点が高くて優良企業と言われる会社が、人も空気も薄暗くて元気がない、そんなことも往々にしてありますよね。そんなの超つまんないじゃないですか。僕らはそんな社会をもっと楽しく、おもしろくしていきたいと思っています。もちろん自分たちも楽しみながらですよね。
「こんな人と会いたい!採用したい!」の「こんな人」と、その理由をお聞かせください。
簡単に言うと、「変わったヤツ」ですね。 変わった人ってどういう人かと言うと、自分を突き詰めまくっている人です。人は皆自分を磨き切れていないから、自分を偽ったり、よく見せようとしたり、周りに同調したりするんですけど、変わっている人っていうのは自分を突き詰めて、自分の可能性を最大限に活かせている、つまり磨けているんですよ。そういう人はすごく自分に期待しているオーラが出ていて、キラキラしているなと感じますよね。自分をある意味信じているというか。そんな人に出会えたら、おもしろいなと思いますね。
こんな感じの若い会社です。
学生へのアドバイスをお願いします。
僕が教えてほしいくらいですよ(笑)学生と言っても年齢が違うだけであって、僕と何ら変わらない人間ですからね。 むしろ学生の方がおしゃれだったりしますし、優秀な人も多いなと僕は感じますね。今の学生は、スマホやインターネットを駆使している世代なので、処理している情報量も僕らの学生時代とは桁違いだと思いますし、みんなすごいですよ。 自分たちの土俵で話せば、アドバイスが出来るかもしれないけれど、反対に、「TikTokのフォロワーをどう増やすか」みたいな土俵で闘ったら僕らはボロ負けですから、偉そうに言える立場では無いのかなと思います。 なので、強いて何かアドバイスするとしたら、今は自分たちの勝てるフィールドで全力で勝ちに行ってください!自分のやりたい土俵で楽しんで闘ってください!以上です(笑)
株式会社イコールワンホールディングス
https://www.equaloneholdings.com/
2019年6月