求む!ホスピタリティのある人!
目標は、接客面に秀でた地域ナンバーワン店
荒木 知太朗 (あらき ともたろう)
株式会社アラキ企画
代表取締役
出身地
千葉県
尊敬する人
信用金庫時代の上司
座右の銘
感謝と応援
習慣にしていること
瞑想
愛読書
ジョン・マクドナルド『マスターの教え』
今までのご経歴など、自己紹介をお願いします。
学生時代は、年末年始のアメ横の魚屋や百貨店内の鶴屋八幡など、いろいろなアルバイトを経験しました。
場所が変われば客層も変わる。さまざまな人たちとの出会いが楽しかったですね。

2代目として家業を継ぐことを意識しつつも、まずは経営の勉強をしたいと考え、大学卒業後は、荒川信用金庫(現 城北信用金庫)に入社しました。
営業課に7年、融資課に3年。10年間勤務し、2007年4月、家業である株式会社アラキ企画に入社しました。
同年7月、代表取締役に就任し今に至ります。
事業内容についてお聞かせください。
現在のメイン事業は、ゴルフ練習場とゴルフスクールです。
弊社のターゲットは、40代と50代 、ある程度の余裕と時間を持っていらっしゃる方。
とくにその中でも女性のお客さまをターゲットとした店づくりを行っています。

また2020年9月には、新しく法人を設立し、 オーガニック機能性添加剤「万生」の施工・販売事業を始めました。
もともと、健康産業であるゴルフに携わるなかで「自分の仕事を通じて、多くの方に元気になってもらいたい」と考えていたことが、新事業をスタートさせた理由のひとつです。

その中でも子どものアレルギー問題にフォーカスしています。
人が生涯摂取する物質で一番多いのものが室内の空気です。その割合は実に57%。
しかしほとんどの人が無頓着であり、その結果アレルギーになる人も少なくありません。
私自身も消臭スプレーや洗濯洗剤の臭いで体調が悪くなります。その原因は揮発性の化学物質です。
この問題解決のため、自治体も啓蒙パンフレットを作っておりますがあまり浸透しておりません。

このため根本的な原因である室内の揮発性化学物質を簡単な施工で削減できる「万生」を広げていきたいと考えています。
万生は植物の力で化学物質を除去してくれるため人体に害がありません。
皆が知っている大手ハウスメーカーの採用も決まりました。
会社のビジョン、ミッションについてお聞かせください。
私が大学生のときにゴルフ練習場ができた経緯もあり、社長に就任した当時は、まだ明確なビジョン、ミッションがない状態でした。
しかし、信用金庫時代に出会った経営者の方々は、明確なビジョンを持ち、事業に取り組んでおられた。
また、会社の未来を見据えると、装置産業ではなくサービス業として事業を確立させる必要がありました。

ビジョンを描く上では、先代の父との衝突などもありましたが、ここ1、2年で、ようやく軌道にのってきたなと感じます。
ビジョンは「お客様の元気、従業員の元気、地域経済の元気に貢献する」
そして、ミッションは「心地よい時間と空間を提供し、地域の人々が心も体も元気になってもらうことを目指す」
また、ゴルフスクールに関しては、「ゴルフのある豊かな生活を提供する」をミッションに掲げています。

信用金庫にて10年間勤務し、学んだことも多いですが、人を動かし経営することは、社長就任後、初めての経験でした。
だからこそ、生きていく上で自分の軸が欲しかった。コンサルティングやコーチングを受ける中で、ひとつ型ができあがってきたと感じます。
「こんな人と会いたい!採用したい!」の「こんな人」と、その理由をお聞かせください。
完全にパーソナリティの部分になりますが、まず「ホスピタリティのある人」。これは絶対です。
なおかつコミュニケーション能力があり、素直な性格の人が理想ですね。技術的なものは、二の次でいいかなと。
インストラクター自体、接客業の部類に入ります。ものを教えることより、接客業、サービス業に興味・関心がある人と出会いたいです。

実際、一般的なゴルフのインストラクターは、ワーキングプアが多いです。
一方、弊社の場合、インストラクターは、個人事業主の年収で1,000万近く稼いでいます。
これは、会社員でいうところの2,000万ぐらいに相当するんじゃないかなと。
個人のスキルはもちろんですが、練習場のお客様の層が良いことと組織化された営業力も大きいと考えています。

実際、弊社では、ノウハウを無償で提供し、日本プロゴルフ協会(PGA)のティーチングプロの資格取得に向けたサポートも行っています。
ゴルフに関する仕事がしたいと思っている人にとっては、成長できる環境が整っているんじゃないかなと。
まずは一回、来ていただきたいですね。
弊社が目指しているのは、圧倒的な地域ナンバーワンの店舗です。特に接客面に秀でたお店にしたい。
ゴルフスクールは、現在約500人のお客さまがいらっしゃるので、5年後までに倍にしたい。
そのためにも、インストラクターを採用していきたいです。
学生へのアドバイスをお願いします。
自分の可能性は、どこに落ちているかわからないものです。
だからこそ、まずは、いろいろなアルバイトやインターンを経験して、自分の可能性を見つけることが大事。
そして、将来の自分のあるべき姿を見つけてほしい。
また、今の時期に、自分の目標、死ぬまでのゴールを決め、逆算して、何歳ぐらいのときに結婚、仕事の成功、リタイアなど、今から目標をつくってください。この重要性を、私は今痛感しています。

もうひとつは、人との出会い。私の恩師は、信用金庫時代の上司、先輩です。最初の数年は、250人中220番くらいの営業成績しかとれなかったため、心配をかけていたと思います。

でも、ほんとうに人に恵まれました。今も、上司の言葉は印象に残っています。
「愛は与えるもの。見返りは求めるな」「余計なプライドは持つな。おまえのプライドなんて、ちっぽけなものだ。プライドは持たなくてもいい。信念だけ持て」と。
いい人たちに出会い、いい教育を受けたことが、今の私自身をつくってくれたと思います。

今は社長として、社員を教育する立場になりました。まだまだ完璧ではありませんが、だからこそ、接客に特化したマニュアルをつくり、レベルの底上げを目指しています。
初めてお越しいただいた方、100回、200回来てくれる方、全てに同じレベルの接客をご提供できるよう、判断基準をつくり浸透をはかっている最中です。

学生のみなさんも、今だからこそできる経験や人との出会いを大切にしてください。
その経験が、将来きっと活きてくると思います。
株式会社アラキ企画
https://www.fujigaya.com
2020年10月取材