学生時代の経験を糧に
面白くワクワクする事業を
北島 晴安 (きたじま てるやす)
プランテックス株式会社
代表取締役
出身地
東京都
尊敬する人
両親
座右の銘
行雲流水(空をゆく雲と川を流れる水のように、執着することなく物に応じ、事に従って行動すること。)
習慣にしていること
トイレ掃除
愛読書
『三国志』
今までのご経歴など、自己紹介をお願いします。
祖父は宮大工、父親は電気屋を経て呉服屋を経営。
私が経営者を目指したのも、自然な流れです。
小学1年から中学2年まで剣道を習い、初段を保有しています。
剣道で得た忍耐力と間合いの取り方は、今も人と接する際の距離感に役立っている気がしますね。
中学生からはパソコンにも興味を持ち、ゲームを自作していました。
同時に関心を持っていたのが、デザイン分野です。

車を製造する際には、風の流れをデザインする。
これは面白そうだと、トヨタに直接電話をかけ、デザイナーの募集について尋ねました。
「君、面白いね」と評価をいただき、新卒入社。営業として働く中、5年目に年間100台の車を販売。
ふと、今までのことを振り返ると共に、新しいことを始めたいと思ったことをよく覚えています。
アメリカの大学への入学や、最初に立ち上げた事業(株式会社電通舎)に加え、今年に入っての新たな挑戦が、プランテックス株式会社の立上げです。 いつまでも、ワクワクすることに対してはフットワークが軽いです。
電通舎の事業では塾、教育問題にも携わっているため、将来、手が空いたら日本の大学に行き、右脳教育、脳科学を学びたいと考えています。
事業内容についてお聞かせください。
プランテックスでは、イタドリ、柿の葉、よもぎを特殊な製法で配合して精製し、植物の持つ抗酸化作用を生かした製品「万生」を取り扱っています。
抗菌、抗酸化作用を持つ製品のため、時流に乗っているイメージがありますね。
弊社が一次店のため、代理店獲得と、新商品の開発。メーカーさんに原材料として提供するためのアプローチなどを行っています。
会社のビジョン、ミッションについてお聞かせください。
「2025年には東証の鐘を鳴らしたい」と発言し続けています。
売上、利益、独自性、プライバシーマーク、ISO取得など、業種によって求められる内容は異なりますが、条件を満たせるよう準備を進めている最中です。

直近の話になりますが、コロナ禍の中、アルコール消毒を頻繁に行うことで、手肌が荒れている方が増えています。
しかし、万生の原液を水で希釈することで、石鹸水の2倍の濃度を持った商品を作ることができる。
しかも、使用することで、皮膚がより潤ったとの研究結果が出ています。
手荒れに悩む方に、ぜひ使っていただきたい。
これからも、面白くてワクワクすること、そして地球環境や人々の役に立つことに取り組んでいきたいです。
「こんな人と会いたい!採用したい!」の「こんな人」と、その理由をお聞かせください。
プランテックスでは、学生さんが持っている新しいアイデアや発想に期待しています。
抗酸化作用に焦点を当てつつ、販売形態を整えているため、メーカーさんに対し、直接アプローチする機会も多いです。

また、シックハウス症候群やVOC(揮発性有機化合物)対策関連への取り組みのほか、SDGsも既に3カテゴリほど当てはまっています。
健康、環境に対して意識が高い人、興味がある人と話してみたいです。
学生へのアドバイスをお願いします。
学生には、2タイプいると思います。
新しいものを次々追い求めていくタイプと、ひとつのことを長く続けるタイプ。
私はどちらかといえば、次々と数をこなしていくタイプです。
学生時代のアルバイト先は、30個ほど。学生の頃に、社会人と対等に話す経験が糧になって、今の自分がある。
学生時代に色々な経験を積むことは、自分自身の成長につながると感じます。 今後、AIやIoTの分野がますます伸びることで、失われていく仕事もあるでしょう。
だからこそ、色々な仕事をしてスキルを高めてから、社会に出た方がいい。
そうすることで、判断基準が増えます。私も社会に出てから「何か違うな」と感じて、何回も転職をしました。

川を無理やり堰き止めようとしても溢れてしまうように、無理があると歪みが生まれます。
ただ、これは楽な方を選べと言っているのではありません。
その都度、一番適している在り方や場所を自分で選ぶことが大切。
そうすることで、リラックスや幸せ、思いやりといったやわらかなものが誕生するように思います。
無理せず、「ここだ!」と思う居場所を探してください。
プランテックス株式会社
2020年10月取材