最強のガクチカ学生時代に力を入れたこと

を手に入れる新しい就活の形。

社長のカバン持ち体験で、日ごろ出会えないアイデアや価値観、人脈に出会えます。ここで出会ったものすべてが、就活やその後の人生に活きます。さぁ、このまったく新しい人生経験を通じて、最強のガクチカと社会適応力を身に着けよう!
カバン持ちのステップ

無料登録

1

社長のカバン持ちに無料登録します。登録後、スタッフがカバン持ちをするまでサポートします。

友だち追加

社長を選ぶ

2

スタッフのサポートにより、あなたにピッタリの社長を選びぬきます。

カバンを持つ

3

社長に同行し、さまざまな体験をすることで、経験値を積みます。

カバン持ち例
行動の比較
目まぐるしい仕事を日常で経験している社長との出会いは、多くの生きる知恵とヒントを与えてくれます。そう、「将来やりたいことがわからない」といった悩みの解決にも。ありきたりの就活ではなく、人と違う行動・体験を通して最強の就活をしよう!
体験者の声

学生のうちから社長の隣で過ごせるチャンスがある

神田外語大学
外国語学部 イベロアメリカ言語学科 スペイン語専攻

鵜澤 李名さん

社内会議をはじめ、営業訪問の同行や、取引先とのミーティング、大学のキャリアセンターとの打ち合わせにも参加。さらには経営者の勉強会、会食など朝から晩まで社長にくっついてました。普通の学生生活の中では決して体験することのできないことばかりで、自分がいかに幼く、考えが甘いのかを痛感させられました。それと同時に自分の今やらねばならないことが見えた気がしました。

就活だけでなく、ビジネスにも繋がる機会に

山梨学院大学
経営学部経営学科

小林 龍さん

社長のカバン持ちを通じて、多くの体験をさせていただきました。特に、社長が大事にする「お客様が欲しがっている情報などを、自分が1次情報となり、提供すること」と、「常に楽しむこと」が社長の活力を支えている要であると感じました。また、社長に提案をチャレンジできた経験は、今後のビジネスチャンスに繋がる感覚も得ることができました。

社会人というイメージ像がガラッと変わった

亜細亜大学
国際関係学部

木下 華さん

たった一日で、社会人というイメージ像はガラッと変わりました。会社という場は辛く、厳しいだけではなく、年齢も経歴も違い考えも違う人たちと意見を交換し合うことでもっと考えの幅は広がり、高め合う仲間になれることを感じました。毎日会社に通いお金や生活のためにただ働くことだけが社会人なのではなく、学校を卒業し歳を重ねながらもより成長していくための場所なのではないかと自分なりに答えが出始めるきっかけとなりました。
カバン持ちのステップ

無料登録

1

社長のカバン持ちに無料登録します。登録後、スタッフがカバン持ちをするまでサポートします。

友だち追加

社長を選ぶ

2

スタッフのサポートにより、あなたにピッタリの社長を選びぬきます。

カバンを持つ

3

社長に同行し、さまざまな体験をすることで、経験値を積みます。